有成塾のご案内

経営コンサルタントとしての目的と目標、そして一歩目がここに...

  • 有成塾は、中小企業の輝かしい成長とコンサルタントの長期安定収入を目指しています。
  • 有成塾は、亀岡先生(中小企業診断士)の30年を越える経営支援ノウハウを仕事の道標として体系化して伝授いただくと共に、会員間の切磋琢磨を大切にするコンサルプラットフォームです。

オープン記念セミナー報告

開催日時

日時:5月18日 18:30ー21:00

場所:地下鉄新宿三丁目新宿アントレサロン2F会議室

参加費:無料


参加者は8名でしたが、ざっくばらんな質疑応答や議論ができる、少人数の雰囲気にも価値を感じるとの評価(真価)も頂きました。

今後、参加者が増えても同じ価値を感じてもらえるようにしたいと思います。


主席講師亀岡睿一氏による記念セミナー動画

ダウンロード
Usei-juku_OpenSeminar_220517a.pdf
PDFファイル 714.1 KB

亀岡氏は診断士資格を2回取得した実績を誇る(?)だけでなく、大手コンサル会社の社員としての修行時代を経て、個人事業主として2回開業、法人成り11回というユニークな経験をお持ちです。その亀岡氏が独立以来一貫して意識してきたコンサルスタイルが「長期に渡る伴走支援」です。これにより安定収入を得てこられました。

 

その亀岡氏が、後輩診断士たちに贈る、補助金や公的支援に頼らない受注・契約・継続支援の実践ノウハウ。失敗も隠さずお話をしていただきます。お楽しみに!


有成塾が目指すこと、会員が得るもの

Vision

  • 中小企業の発展
  • コンサルタントの安定した収入と生活、そして充実した人生の実現

Mission

  • 持続性をもって、中小企業の発展に寄与するコンサルタントを育成する。
  • 後輩たちが、コンサルタントとして迷わず歩ける道を切り拓く


参加資格・費用

  • 経営コンサルタントとして、独立 または独立を目指すかた。
  • 有成塾のビジョン・ミッションに共感する中小企業診断士または同等の経営知識を有する方
  • 会費:2,000円/月
  • 6ヶ月又は1年単位でお申し込みください。別途、クレジットカード決済システム費用が掛かります。

運営方法

  • 毎月2回 各2時間程度(日程別途)
    (1)WEB会議による講義
    (2) リアル会場でのディスカッション
  • 会 場:新宿アントレサロン2F(地下鉄 新宿三丁目下車 徒歩1分)
  • 会員はTeamsの育成塾チームメンバーとして、講義資料や各種資料・ツールのDLや共有、講座ビデオの視聴、チャットによる相談・コラボレーションができる。
  • 運 営:マネジメントパワー・コンサルティング

有成塾では、講義を基本としてディスカッションや課題取組みなどを通して、一人では体得できないコンサルティング経験を習得していきます。ここでは、有成塾の主席講師である亀岡先生(中小企業診断士・経営コンサルタント)の実践をとおしたノウハウを体系化して、「セッション」の形で順次提供する内容の一部を紹介しています。


会員登録後に会員ページで会費を支払うことで正会員になります。

※正会員登録は5月下旬から可能になる予定です。

現在は無料会員のみの登録となります。


S1 信頼を得、頼りにされる中小企業コンサルタントの考え方と姿勢・行動

  • 中小企業の現実を知る(同族経営と同族臭)
  • 「私は福の神である!私の後ろには5人のお客様がいる」という強い思い
  • 奥さん(配偶者)の次に信頼できる人?
  • 社員の行動のモデルになる(あなたの行動はいつも見られている。酒と○には気をつけろ。あなたの行動は社員教育になっているか。服装、態度、行動に問題はないか。色眼鏡には気をつける
  • 知識・技術よりあなたの人柄が問われる。明るさ、若さが亡くなった時関係は切れる。
  • 企業秘密は絶対守る

S2 三年以上続く経営支援継続の秘訣

  • 継続支援こそ中小企業の真の発展につながる
  • 攻めの姿勢で経営の中枢に入り込め(定期的役員会・幹部会の実施)
  • 絶えず経営テーマを見つけ、社長・幹部とともに改善を推進する
  • クライアントの満足>私のサービス・・・の関係式が成り立つ間は良い関係は続く。常に自己チェックせよ。

S3 支援先数増加のための紹介支援の秘訣

  • まず一社受注・・そのための行動指針
  • 紹介が紹介を呼ぶエコシステムを作る(とことん尽くす。そして)
  • 金融機関との協調関係づくりのコツ→そして紹介へ
  • 各種団体との関係づくりはどうするか

S4 絶対外せない、中小企業の特性と経営原則

  • 規模別・業種別・中小企業の特性
  • すべての企業に共通する経営原則
  • トップのための経営羅針盤づくり

S5 話す、聴く、書く・三つの能力を高める

  • 話す:講演能力、あるいはコメント能力を高める。特に迫力ある講演能力は絶対!(パワポに頼るな!)。有成塾では三分間スピーチを行う。録音をとること。
  • 聴く:診断・調査時の聴き方のポイント、トップとの面談。
  • 書く:診断報告書等のまとめ方。外部への出版の準備

S6 寄り添い型コンサルタントの危ない橋

  • ともに橋を渡る危険
  • 身内意識なれ合いの怖さ

S7 組織を全社的に動かす鉄則

  • 組織の本質とは何か
  • 全社が行動を起こす「突破口作戦(一点突破全面推動)」展開の方法
  • 社員参画が鉄則。

S8 コンサルタントの究極の能力

  • 判断を売る
  • 問題の本質をつかむ現状認識力(現状把握ではない)
  • 得意なテーマを磨け

S9 効果的な業績管理と会議制度

  • 限界利益を中心とした管理会計制度の導入・定着
  • 業績を上げ、思想統一を図る会議制度を定着化させる
  • 会議制度を通しての人材育成と決めたことを守る社風づくり

S10 管理の鉄則と社員教育に欠かせない「基本動作」を社内に定着

  • あらゆる場面でP-D-C-Aをまわす習慣作り
  • 視える化で「問題意識の醸成」
  • 仕事の基本である「4つの基本姿勢」、「10の基本動作」の徹底。

S11 創業者と二代目の間で... 事業承継で大切な経営の承継とは

  • 後継者の育て方
  • 期限を決める・・スケジュール化する。
  • バトンタッチ後の会長の役割を明確にする
  • バトンタッチの儀式を行え
  • 経営バイブルの作成と手渡し式

S12 経営に活かす古典の活用

  • 中国等の古典・・論語、貞観政要、中庸、礼記、孫氏の兵法、マキャベリ等。
  • 日本の古典・・言志四録など。


この後も順次セッションが追加されます。