コンサルティング契約の流れ

 「良い会社にしたい」「力のある会社にしたい」、経営者様の想いを大切に、具体的な業務の仕組みと人材スキルが調和した企業力実現を、経営者様と共に目指します

パートナー型支援をベースに、貴社経営資源、財務状況を踏まえて、日常的な業務問題の解決、課題の克服などに、ここで紹介しているサポート内容はもとより、適宜他の専門家の協力も得て、全方位的にサポートいたします。

「お問合せフォーム」等で、ご相談内容等についてご依頼ください。

こちらから折り返しご連絡を差し上げて、貴社へのご訪問日程等の調整をさせていただきます。



ご相談いただきました内容に関して、財務情報等に加え経営者様や経営幹部、必要に応じて従業員の皆様へのヒアリング等を通して、課題状況のの把握をさせていただきます。



STEP2のヒアリング内容を基にした経営支援内容を、再度ご訪問してご提案いたします。ご提案内容を基に議論・修正を加えた上で相互理解を深めさせていただきます。同時に対応期間、訪問頻度、料金等についても明示せていただきます。

パートナー型支援の場合は、半年または一年単位の契約とさせていただいております。期間を区切ったプロジェクト型または目的別社内研修のように時間単位または一日単位でのご提案になることもあります。

協議の上、ご納得いただいた内容で、次の契約ステップに進みます。



STEP3で双方で合意した支援内容で、守秘義務を含む業務委託契約を締結します(簡単な内容は見積りと、注文書ベースで進めさせていただきます)。

※この段階までは、基本的に費用は発生しません。お気軽にご相談ください。※遠方の場合には、交通費負担をお願いする場合があります。



合意した内容で、経営支援を開始します(費用が発生します)。

基本的に経営者様、幹部社員(担当社員)様、当事務所代表の三位一体で進めさせていただきます。パートナー型支援の場合、開始後の2か月間程度は、貴社の事業状況、業務体制、財務状況などを多面的に調査させていただく期間になります。

原則として訪問の都度、課題進捗報告などの形で、会話内容や決定事項、アクションを必要とする内容とその方向性をフィードバックさせていただくなど、進捗のフォローアップを確実にすすめます。これにより、確実に課題対応が進捗致します。