マネジメントパワー・コンサルティングの概要


マネジメントパワー・コンサルティングは、神奈川県川崎市に事務所を置き、主に関東圏を中心にして活動する経営コンサルタント事務所です。もちろん、故郷である能登をはじめ、お声がかかればどこへでも参ります。

 企業理念やビジョンや、お客様との関係づくりなどの各企業が目指す方向と、日常の人材育成を含む業務体制との調和した企業力の基盤づくりを伴走してご支援をいたします。

事務所名:マネジメントパワー・コンサルティング

設立年月:2017年10月1日

業  種:経営コンサルタント事務所

主要業務:中小企業等の経営コンサルディング、セミナー等講師、書籍執筆など

会  員  等:(一社)東京都中小企業診断士協会 正会員(城南支部所属)

     (公社)川崎南法人会 会員、NPO法人 C&S経営支援協会 理事


代表 経営コンサルタント 山下洋の略歴

かつて世界的なシェアを誇った「トリニトロン・グラフィック・ディスプレイ」のOEMビジネスに携わる中で、顧客の声(VOC: Voice of customer)を起点にした商品開発、製造事業所への開発品の導入、顧客企業の技術者を含むバイヤーチームとの仕様交渉や製品評価、出荷立会検査などを通して、モノづくりと顧客志向のあり方を学びました。

 

加えて、近年はマーケットが拡大するモバイル機器向けの半導体事業(CMOSイメージセンサー)において、顧客向けの技術サポート体制を一新し、ドキュメントベースの技術情報提供をベースにした、ワールドワイドサポート体制を構築しました。本部での技術情報づくりと現地サポートメンバーを通した顧客ニーズのフィードバックを有機的に結び付けた、ポジティブ・スパイラルな技術情報の蓄積と提供に最大のポイントがあります。

 

こうした経験を活かしつつ、中小企業診断士としての知識・経験も踏まえて、ソニー㈱退社後に、中小企業経営者に伴走する経営サポーターとして、マネジメントパワー・コンサルティングを設立しました。


コンサルティング実績等

  • 半導体(イメージセンサー)製造業(神奈川県厚木市、資本金4億円)
  • リアルタイムコミュニケーション製品、サービス開発(東京都千代田区 資本金9,000万円)
  • 包装資材・特産食品卸販売業(石川県輪島市、資本金1,000万円)
  • 自然塩製造業(石川県輪島市、資本金300万円)
  • 映像技術受託研究・映像機器開発業(神奈川県海老名市、資本金1,000万円)
  • 生産用機械器具製造業(東京都大田区、資本金1,000万円)